1日1捨

【一日一捨】で片づけ【理想の部屋を想像しよう】

一日一捨で汚部屋の片づけ

一日に一つ何かいらないモノを捨てるという【一日一捨】で汚部屋6畳ワンルームの片づけを続けています。

理想の部屋を想像しよう

【一日一捨】で最近はだいたい部屋の片付けもできていて以前よりもすっきり快適な住居スペースになりました。

とはいえ、まだまだモノを部屋の隅に固めて置いているだけの状態です。
昔、自分では部屋の片付けをしたと思って満足していた時に母から

「これは片付けとはいわん。モノを隅に移動しただけや。」

と言われたのを思い出します。
基本は変わっていないようです…

ですが昔は【一日一捨】で片づけをしていなかったので【一日一捨】している今とは状況が違いますし、誰かに言われていやいや片付けをしていた昔と違い、今は自発的に部屋の片付けをしているのでやる気と気分が違います。

さて汚部屋からモノを隅に追いやったような状況でも少しはきれいになった部屋ですが、さらにパワーアップした快適な部屋にする為にしたいことがあります。

それは「理想の部屋を想像する」という事です。
理想の部屋のイマジネーションです。

具体的にイメージする

今までは何となく

「一日一捨でモノを捨てて部屋が片付けばいいか〜」

くらいに思っていたのですが、だいぶ部屋が片付いてくるともっと部屋をきれいにするためにはそんなバクゼンとした考えでは無理です。

自分の「理想の部屋を想像する」というのは「こんな感じの部屋にしたいな〜」というバクゼンなものではなく「この場所の○○(具体的なもの)を捨ててここに●●(具体的なもの)を置く」や「●●(具体的なもの)を買うためにこの場所を片付ける」という感じのイマジネーションです。

例えば

「この机の上の本を捨ててノートパソコンを置く」
「空気清浄機を買いたいので部屋のテレビの横をもう少し片付ける」

みたいな感じです。
これは僕自身の話ですw

本当はきれいに片付けをした後の理想の部屋の見取り図や「いつまでにとか何時間で理想の部屋にする」など時間の設定もしたほうがよいのですがそんな設定をしたら疲れて【一日一捨】の片づけもやめてしまうかもしれないのでマイペースでいきたいと思います。

【一日一捨】3日坊主の僕が約2か月も断捨離を続けているのもマイペースでやっているからです。

その事実にびっくりです。
継続は力なりで明日以降もコツコツ頑張りたいと思います。

まとめ

  • 部屋をきれいにするために自分の「理想の部屋を」イメージしよう。
  • イメージはバクゼンとしたものではなくできるだけ具体的にイマジネーションしよう。
  • 継続は力なり。3日坊主でも【一日一捨】で片づけを約2か月続けることができた。

以上「【一日一捨】で片づけ【理想の部屋を想像しよう】」でした。

最後までお読みくださりありがとうございます。

ABOUT ME
とおる
自由で幸せな人生を送りたい。 日々の新しく気づいたことや、発見を書いていきます。 イラストも描きます。 お気軽に読んでください。 よろしくお願いします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください