片づけ

【部屋の片づけ】簡単な始め方「とにかく捨てる!興味の無い本をどんどん捨てよう」

こんにちは。

部屋が足の踏み場がないくらい汚かったので、いらないものを捨てて汚部屋6畳ワンルームの片づけを続けています。

まずは、部屋にたまっていた通販(Amazon)のダンボールを捨ててある程度部屋がすっきりしたので、今は本を捨てています。

【部屋の片づけ】簡単な始め方「とりあえず、本を捨てよう!」こんばんは。 あまりの部屋の汚さに ということで、6畳ワンルームの汚部屋の片付けをはじめました。 とりあえず本を捨...

今日も本を捨てています。

今日も本を捨ててます

昨日から何年も全然読んでいない本を捨てています。
今日は前の会社の社長にいただいた本を捨てました。

「会議がいかに重要か」

というような内容でしたが今の会社は会議がないので

「まぁいいか〜」

と思って捨てました。
興味の無い本というのは持っているだけ無駄ですね。

トオル
トオル
社長すみません

本がどんどんなくなっていくのを想像していると全然違いますが何だかO・ヘンリの「最後の一葉」を思い出しました。

ワシントン・スクエアの西側にある、芸術家が集まる古びたアパートに暮らす画家のジョンジー(ジョアンナ・ジョアナとも)と同じく画家のスー。貧しいながら暖かい生活を送っていた中、ある日ジョンジーは重い肺炎を患ってしまう。スーは、医者から「ジョンジーは生きる気力を失っている。このままでは彼女が助かる可能性は十に一つ」と告げられる。心身ともに疲れ切り、人生に半ば投げやりになっていたジョンジーは、窓の外に見える煉瓦の壁を這う、枯れかけた蔦の葉を数え、「あの葉がすべて落ちたら、自分も死ぬ」とスーに言い出すようになる…

wikipediaより

O.ヘンリーは好きなので捨てない本の一つですw
そもそもO.ヘンリーの短編集は実家に大切に置いています。

部屋から本が一冊も無くなることは無いと思いますが部屋に本が一冊も無い状況を想像するとちょっと爽快ではあります!
部屋を片付けるために、最近全然読んでなくて捨てるのに躊躇無い本はどんどん捨てていきましょう。

まとめ

  • 部屋の片付けるために興味の無い本はどんどん捨てよう。
  • O・ヘンリの短編集はすばらしいので一度読んでみてね。

以上【部屋の片づけ】簡単な始め方「とにかく捨てる!興味の無い本をどんどん捨てよう」でした。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

【部屋の片づけ】簡単な始め方「捨てることに慣れたら本をまとめて捨てよう!」こんばんは。 部屋が足の踏み場がないくらい汚かったので、いらないものを捨てて汚部屋6畳ワンルームの片づけを続けています。 ま...
ABOUT ME
トオル
自由で幸せな人生を送りたい。 日々の新しく気づいたことや、発見を書いていきます。 イラストも描きます。 お気軽に読んでください。 よろしくお願いします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください