日常

【おすすめ】貧困から抜け出すために今から簡単にできる3つのこと

こんばんは〜。

「貧困だ、貧困だ」
と思って生きていたけれど今年(2019年)に入って自分の貧困度が加速しているような気がします。

どう考えても生きていくのに毎月のお給料ではお金が足りません。
今お金が足りないと思っているので将来はもっと貧困になるのが見えています。

ということで今年2019年は真剣にお金を稼ぐこと、増やすことを考えたいと思っていました。僕に限らずお金を稼ぐこと、増やすことを考えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

結局自分で考えても何をしたら良いかさっぱり分からないのでネットでポチポチと調べていたら良い記事に巡り会いました。

今日から、いや今から頑張ってその記事どおり実行すれば将来が少し明るくなるかもしれません。

貧困から抜け出すために今から簡単にできる3つのこと

結論から言うと貧困から抜け出すためにすることは「稼ぐ」「お金を使わない」「貧乏人の娯楽をやめる」の3つです。

「そりゃそうだろ〜」という感じですが、日常では意外と真剣に「稼ぐ」「お金を使わない」「貧乏人の娯楽をやめる」ということについて考えてないのではないでしょうか。

「稼ぐ」「お金を使わない」「貧乏人の娯楽をやめる」とは?

僕も今日からこの「稼ぐ」「お金を使わない」「貧乏人の娯楽をやめる」の3つを実践して明るい未来を手に入れたい!
そのためにもう少しだけ詳しく「稼ぐ」「お金を使わない」「貧乏人の娯楽をやめる」について書いておくことにしました。

1.稼ぐ

稼ぐと言っても、サラリーマンになって会社に行って仕事して稼ぐということではありません。
自分の出来ることで他の人が出来ないこと。ライバルが少ないところで収入を得るということです。今話題の副業です。
これはすぐに稼げるようになる訳ではありませんが

「続けることが大切!結果が出なくても続けることが大切!」

という言葉を信じて頑張っていこうと思います。

サラリーマンの給料以外で稼ぐとなると具体的には、ブログやYoutube、せどり、株などですが自分ができそうなものの方が続けやすいので今はブログを頑張っています。

2.お金を使わない

無駄使いをしないで預金(貯金)をする。
分かっているようで分かっていないお金の使い方。
日々の生活の中でいらないものや無駄なものに結構お金を使っています。
小さな無駄を減らして支出のコントロールが出来るようになることが大切です。

「短期的な欲望を満たすのを我慢する」

「出費をしないというのはお金を稼いでいるのと同じ」

自分が毎月、何にどれだけお金を使うことができるのかを把握するために「かんたん予算管理」というアプリを使っています。
「かんたん予算管理」は月初にその月に使う(使うと決めた)予算を設定できるので自分が今無駄遣いをしている状態かどうかというのがすぐにわかってめちゃくちゃ便利です。

このアプリを使っているおかげでだいぶ無駄使いが減ったと自覚しています。

【節約】これでお金が貯まる!1ヶ月の予算を管理して節約できる「かんたん予算管理」という有能アプリこんばんは。 新型コロナの影響で給料が減ってますます節約を頑張らなければいけなくなりました。 皆さんはいかがでしょうか? ...

3.貧乏人の娯楽をやめる

貧乏人の娯楽とは何かというと

「テレビ、ギャンブル、酒・タバコ」です。

つまり、貧困から抜け出すために「テレビ、ギャンブル、酒、タバコ」をやめましょうという話ですw

僕としては

  • テレビは好きなのでやめれそうにないな…
  • ギャンブルはもともとやらないしタバコも吸わないので大丈夫!
  • 酒もやめれそうにないけども明るい未来に向かって改善していこう!

ということで貧乏人の娯楽のうち「テレビ、ギャンブル、酒、タバコ」のうち、もともと「ギャンブル、タバコ」はしていないのでOK。

テレビを見るのを控えて多少勉強や質の良い睡眠に時間を費やし、お酒の量を減らせればもう少しお金に余裕が出ることになりそうです。

ということでこれから「稼ぐ」「お金を使わない」「貧乏人の娯楽をやめる」を実行して貧困から抜け出したいと思います。

まとめ

  • 貧困から抜け出すためにすることは1.「稼ぐ」2.「お金を使わない」3.「貧乏人の娯楽をやめる」の3つ

以上【おすすめ】貧困から抜け出すために今から簡単にできる3つのことでした。
最後までお読みくださりありがとうございます。

もっと詳しく知りたいと言う人はこちらの記事を読んで下さい。めっちゃ勉強になりました。

ABOUT ME
トオル
自由で幸せな人生を送りたい。 日々の新しく気づいたことや、発見を書いていきます。 イラストも描きます。 お気軽に読んでください。 よろしくお願いします。