日常

お酒で失敗しないために!飲み過ぎてもまだぎりぎりセーフの人へおすすめする「断酒、禁酒」の4つのメリット

こんばんは~。

お酒で失敗するということはよくある話だと思います。

ワイドショーなどでも芸能人がお酒で失敗してその後の人生が真っ暗、などというニュースをよく見ます。

普段、人ごとのようにそういうニュースを見ている人も明日は我が身かもしれません。
芸能人ではないので無茶な飲み方をしてもぎりぎり警察に捕まらなかったり、訴えられなかったりしているだけかもしれません。

無茶でヤバい飲み方をしている人はぎりぎりセーフのうちに断酒、禁酒をするべきです。

こんなにお得!断酒、禁酒のメリット

ただ断酒、禁酒するだけではストレスがたまるかもしれませんので、断酒、禁酒して良かったこと、断酒、禁酒のメリットを書きたいと思います。

  1. お金が貯まる…外食で使っていたお金やお酒を買っていたお金が貯まる。
  2. トラブルが減る…飲みに行った先で一緒に飲みに行った人、お客や、店の人とのトラブルが減る。
  3. 健康に良い…アルコールはそもそも体にとって毒なのでアルコールを摂取しないことで体が健康的。
  4. 朝の目覚めが爽やか…ゆっくり眠れて、朝の目覚めがすっきり。体も軽く感じます。

※個人の感想です

なぜ断酒、禁酒をすすめるのか

断酒、禁酒をするべきというのは今の自分にも言っています。

昔からお酒で痛い目を見てきたのですが、なんとか訴えられたり、捕まったりせずにぎりぎりセーフで生きてきました。

ですがそろそろそういう「ぎりぎり」が効かなくなってくる年齢のように思います。
昔は若さで許されていたのがそろそろ許されなくなってきています。

お店で注意されることもあったりしました。

というわけで無茶な飲み方をしている人に断酒、禁酒をすすめるとともに自分も断酒をしたいと思っています。

断酒、禁酒でもお酒を飲みたい

とは言っても、付き合いもあるのでそういう時には飲みたいと思っています。

今まで一緒に飲んできて悪酔いしない人がいるので、その人といる時は飲んでも大丈夫だと思っています。

それ以外は断酒、禁酒していって、快適な人生を送りたいと思います。
無茶な飲み方はトラブルを引き寄せますからね。

とりあえず平日は断酒します。

まとめ

そもそも、基本平日にお酒を飲まずに、休日やどうしてもお酒を飲みたいときにお酒を飲むということが「断酒、禁酒」ということになるかはわかりませんが、それでも断酒、禁酒をすると結構いいことがあります。

経験上、断酒、禁酒することでトラブルが減るということにもっとも魅力を感じています。

断酒、禁酒をすると最初は会社帰りなど「お酒のみたいな〜」と思っていましたが、最近はそのように思うことも少なくなってきました。

お酒を飲んでいる人が、お酒をやめるのは程度の違いはあれ難しいことと思います。
でもメリットもあるよ!ということをお知らせしたくてこの記事を書いてみました。

僕もこれからも「断酒、禁酒」を続けていこうと思います。

以上、お酒で失敗しないために!飲み過ぎてもまだぎりぎりセーフの人へおすすめする「断酒、禁酒」の4つのメリットでした。

最後までお読みくださりありがとうございます。

ABOUT ME
トオル
自由で幸せな人生を送りたい。 日々の新しく気づいたことや、発見を書いていきます。 イラストも描きます。 お気軽に読んでください。 よろしくお願いします。