節約

「33日やりくり家計簿」で節約【エクセル版】準備編

お金が足りない

最近の僕はといえば相変わらず、仕事のこととお金のことで悩んでいます。

どう考えてもこれから楽しく生きていくのにお金が足りない!

転職も考えて会社にも「辞めます!」と言ってみましたが、引き止められ
転職先も特に決まっていなかったのでズルズルと今の会社に残っている僕

情けなし!

とりあえず今後のことは分かりませんが現状は今までと何も変わってないので
自由に使えるお金を確保する為にまたまた節約を始めることにしました!

「(節約するの)何回目やねん!」

と自分でも思うほど過去にもいろいろな節約術を試してはことごとく失敗しています。
節約術が悪いのではなくどれも自分の気持ちの弱さが失敗の原因です。

今は家計簿アプリを3つ駆使してお金の管理はしていますが
使ったお金を記録しているだけで節約にはなっていません。

そこで最近知った「33日やりくり」を新たに試してみようと先月思って
8月31日から実際に「33日やりくり」をしはじめました。
まだ1週間もたっていませんが

「これはちょっと上手くいきそうかも…」

と思っています。

「33日やりくり」とは

最近知った「33日やりくり」とは
1ヶ月を33日でカウントし、1カ月分(30~31日分)の生活費を33日間でやりくりするという方法です。
この方法で生活していくと、11カ月たった時点で、33日×11カ月=363日(ほぼ1年)となるので
最後の1カ月分の生活費をまるまる浮かすことができ1年で1カ月分の生活費を貯蓄に回すことができます!

すげー!

ポイントは家賃、保険料、通信費、光熱水費やローン、クレジットなどの固定費は別として
自分で管理できる現金を対象とすることです。

僕の場合は月に58000円使う設定で「33日やりくり」を進めています。
管理する項目も分かりやすいように食費と雑費の2つのカテゴリーだけにしました。
食費48000円、雑費10000円で設定したいと思います。
(実際はいろいろあって食費42060円、雑費10513円という中途半端な金額になりました。)

食費48000円を単純に33日で割ると1757.5757…となり1日に使える金額は
約1760円ということになりますが水曜日と日曜日はツレと遊ぶので
水曜日と日曜日の設定を3500円にすることにしました。

8月31日から33日の10月2日までは水曜日と日曜日が合計で9日あるので
48000円-(3500円×9日)÷残り24日=687.5円
となり水曜日と日曜日以外に使える食費は約690円となりました。
1日690円計算でオーバーする端数は雑費から差し引きました。

お金の管理が楽しみになってきました。
上手くいくように頑張ります!

お金の管理が上手くいくように今回はエクセルを活用します。
こんな感じです。

 

エクセルに関しては次で詳しく書きたいと思います。

まとめ

  • 節約の為に「33日やりくり」をはじめました。
  • お金の管理はアプリとエクセルでばっちり!
ABOUT ME
とおる
自由で幸せな人生を送りたい。 日々の新しく気づいたことや、発見を書いていきます。 イラストも描きます。 お気軽に読んでください。 よろしくお願いします。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください